サドシマヒロカ 居留守日記

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧




蜂がぶんぶんぶんぶん飛んでおりますあそことあそこの間の空間を

e0167315_16283329.jpg
あれ いつのまにやら 桜が湧いて
あれ いつのまにやら 虫どもが戯れておりました
これから2ヶ月あまり
春とゆうものは
どうも私の輪郭線を薄くします。

染みだす液体を細々と蒸発させながら、あっちへフラリ こっちへフラリ
戯れておりましたらむーんとした湿気があたりを満たし始めること これ間違いなし。

映画を見たんだー
マイ・サマー・オブ・ラブ
主人公のやさぐれ具合が軽度でかわいくて、かいま見られる人間くさい狂気が愛おしい作品でした。
神は死んだのかしら
何を信じればいいのかしら
やはり自分の中にある狂おしい感情 それですね。
結構毛だらけおもろいよー

そして今見ているのは、孤独な娼婦と孤児の思春期男子の話です。
まだ最後まで見てないけれど
孤独な娼婦は
何だか暖かくて
よいね〜
[PR]



by kylynism | 2009-03-25 16:49 | 日記

正しい行い

目に見えぬものは
いるのきっとだけど私はいないような気がするのはだれもがめぐらせていないから。
北から南へすーんと吹いた風が運んだ憂鬱を

お墓参りに行った。
たくさんのお墓にたくさんの骨やら記憶やらなにやらが入っていて、気配が充満するから
だからより一層わたくしの気配は薄まるのだけれど、お墓を抜けると気楽身軽なスキップしている私の気配がすぐ目の前を行くので、ついてゆくと、そこはもう現実ですね。

掃除をした。
湿っぽい空気やら重たい光やらをぐるぐるまわして、外にだしたら、もう何だか憂鬱も無意識に除去してしまって、アンニュイのかけらもない。スキップする陽光につられて口笛がヒュルリ


大切なことを忘れていたんだ絶対

眉毛の上あたりまで皮が剥げた
[PR]



by kylynism | 2009-03-22 23:36 | 日記

思想と行動は伴わないものである。

 何だか暗い。と思ったら、それは夜が根こそぎ持っていったからであった。なので夜は、先ほどよりももっと夜になっていたのだった。
あーは。と吐き出す女の声は、夜の黒っぽさに紛れて空しく無くなった。女はポケットに手を突っ込んだ。あめ玉二つと煙草、ライター、そして折りたたみ式のカミソリが一つ。
女は煙草を一本取り出し、肺いっぱいに吸い込んだ。上の方の夜には、僅かな星とくすんだ月が浮かんでいる。それらの輝くべき物体たちは、とても頼り無さげに、しかし、確実に輝いている。
 
「お月様。私の頭はおかしいのでしょうか。」
 
女はそう投げかけた。辺りはしんと静まり返っている。女は、家を飛び出す前に男が言った言葉に思いを巡らせた。
 
「正しい行いをしなさい。」

 正しさとは何であろうか。正しくないものとはどんなものなのだろう。正しさはいつも一つなのだろうか。男は。男はいつも正しいのだろうか。
 煙草を地面にこすりつけ、女は再びポケットに手を突っ込んだ。カチ。カチ。折りたたみ式のカミソリを弄ぶ。カチ。カチ。女は。女はいつもリストをカットしたかった。今こそリストをカットする時であるような気がした。正しい行いとは何であろうか。
 女は、上着を脱いで、綺麗にたたみ、地面に置いた。着ていたカッターシャツ、スカート、靴、靴下、そしてブラジャー、パンツを脱ぎ、全てをこれまでにないほどに丁寧にたたんで、地面に並べた。女は地面に寝っ転がった。地面は夜のせいでひんやりとしていたので、女は少しだけぴくりとたわんだ。
 カチ。カチ。女は、折りたたみ式のカミソリを手首にあて、空を見上げた。月と星はまだ、か細く輝いていた。
 
「お月様。私の頭はおかしいのでしょうか。」

その時、辺り一面の草木がざわめいた。ざわめき響いた。
 
「宇宙の流れに沿いなさい。」

ざわつきの中で、微かにそう響いた。女は今泣いていた。女の目からは一筋の狂気が液体となって流れ落ちた。
 女は手首にあてたカミソリを横に引かずに縦に動かした。そのまま女は、全身の産毛を剃り始めた。腕、お腹、足、指、顔、首。全てを剃り終え、女は立ち上がった。
女の身体は月明かりに照らされて、白く浮かび上がっていた。たった一つのおへそだけが、漆黒の穴となって、夜の闇と女とを繋いでいた。

女はそのまま夜を引きずって家へと帰った。
[PR]



by kylynism | 2009-03-08 23:18 | 日記

炭坑夫の寝言vol.2

e0167315_20454738.jpge0167315_2046581.jpge0167315_20462531.jpg


もうすぐ講師の仕事も終わると思っていたら、以外にあと2週間もあった。
勘違いは時に人を嘲笑う。
ひえ〜

ジョンフルシアンテの新作が手に入った。
やっぱりすごい。
泣いてしまった〜
引き込まれていってかき乱してそして終わってゆく。
すごいな〜
是非聴いてほしいな。


最近は丸メモを作って遊んでいます。
作品の方は、まだまだ何だかわからなくて、個展のお誘いを断ってしまたー。
自信がないのさそんな時もあるさ。

そうだー。田川の若者参加のフリーペーパー、炭坑夫の寝言vol.2が発刊されました。
今回は人数も増えて、冊子型に。
参加はわたくしサドと、
樋口太陽(ミュージシャン)によるチャリ論(きもい)
恋人タカキユウトによる何か変な話
ドラゴン(市村あつのり)によるニート論
まるやまももこ(イラストレーター)によるイラスト
前田博子(デザイン、音楽など)によるイラストと詩(?)
そして、ゲストは福岡在住アーティスト、寺江圭一朗。

なんかカオスです。
見かけたら、手に取って下さいな。
[PR]



by kylynism | 2009-03-04 20:59

佐土嶋洋佳(artist)の作品写真や日記などです。
by kylynism
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧